<読んで欲しい記事>

競馬は投資?ギャンブル?投機?明確な違いは何?でも重要なのはそこじゃない

2020年3月20日

投資競馬を語るなら理解しておくべきこと

世間一般では競馬=ギャンブルのイメージだと思います。
「投資をやっています」といって競馬をイメージする人はいないだろうし、言うと「バカじゃないの?」って反応が返ってきます。

僕的にはギャンブルでも投資でも別にどっちでもいいという元も子もないこといきなり言い出しますですが、意味もわからず「投資競馬!」と言っている人をみるとちょっと違うんじゃないの?と思うわけです。

「お前のやってる馬券の買い方や予想の仕方はただのギャンブルだよ…」
と言ってやりたい人が多い。かつての自分もそうだったように。


ギャンブルは基本的に投機

さて、辞書的な意味だと【ギャンブル=投機】となって以上終了となるわけですが、これ自体が曖昧だしよくわからないしそもそも明確な定義がないですよね。
昔同僚に競馬好きの先輩(オッズ解析のシステム作って予想を売っているような熱心な人)がいて、その人と↓のような会話をしたことがありました。

自分 「自分FX始めるようと思うんです」
先輩 「FXなんてただのギャンブルだから株のほうがいいよ」
自分 「ギャンブルかどうかは、その人の考え方ややり方によるんじゃないですか」
先輩 「お金が無くなる可能性があるFXや競馬はギャンブル。投資と投機の違い」
自分 「(これ以上会話してもオチないな)あ~なるほど。勉強になりました」

確かに、辞書的な意味だと先輩の主張は理にかなっている。要するにギャンブルか投資かどうかは種目によるので個人のやり方とかの問題ではないという主張。
まぁ言っていることは間違いではないし、正論かもしれない。
でも、僕はその考えは杓子定規だと思っていて、否定派です。
『ギャンブルと投資を分けるのは「やり方」の問題であって、何をやるのか(種目)ではない』
という考え方。


ギャンブルと投資の切り分け方

めっちゃわかりやすくカテゴライズしてしまうと、運ゲーはギャンブル、確率論は投資って定義していいんじゃないかと思う。
ただし、確率論を謳っていても結果的に正しくないデータを使っていたり、サンプル数が足りなかったりするとギャンブルになってしまうこともある。投資で失敗するパターンはこれか、もしくは資金管理を誤ってパンクするような賭け方をしてしまっているか。

一般論では
・競馬=ギャンブル
・パチスロ=ギャンブル
・FX=投資?
・株=投資?
みたいなすみわけをされているが、ギャンブルとはジャンルではない考えている。

上で書いたとおり、投資とギャンブルの違いはデータに対する考え方とお金の賭け方の問題。
主観に頼ってやっているうちはギャンブルと言われても仕方ないと思う。
基本的に下記の記事と考え方は割と似ているが、その点でちょっとニュアンスは違う。

<参考記事>
投資とギャンブルの違いって何?リスク・リターン比率と還元率がキモ

最後になるが、僕と先輩のような全く正反対の意見がぶつかりそうになった場合、余計な議論は避けたほうが無難。沈黙は金。

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ