<読んで欲しい記事>

中穴の定義をって何?単勝オッズで判断することを推奨

2020年3月18日

中穴って何?

わかるようで具体的に説明しろと言われると困る言葉No.1「中穴」について考察してみた。

ネットで調べてみて、一番まともそうなサイトでは以下のようなことが書いていた。
中穴とは、
「本命と穴馬の間の人気の馬の事を言う。 配当が本命ほど堅くなく、穴馬ほど荒れず馬連で数千円と言った少し手を伸ばせば買えるような馬」

・・・ん~まぁニュアンスは伝わるけど冗長すぎる。定義するならもっと定量的に説明すべきである。

「中穴の馬」と「中穴のレース」を混在させているからわかりにくいと思われる。
そこは明確にわけたほうがいい。



>本命と穴馬の間の人気の馬の事を言う
→これは「中穴の馬」のこと。

>配当が本命ほど堅くなく
→配当って具体的に何を指して言っているのか。(馬連?3連単?)
>穴馬ほど荒れず馬連で数千円と言った少し手を伸ばせば買えるような馬
→後続の文章とつなげると 「中穴のレース」のことを指している。

そしてこの定義は矛盾している。
仮に単勝オッズ15倍の馬を「中穴馬」と定めて、当該馬が2着にきたとする。
その際の1着がバリバリの1番人気だとして、馬連配当が1000円だったとする。
これは「馬連で数千円」の定義に反しており「中穴レース」とは言わない。
こういったケースがあるので、「中穴馬」「中穴レース」にはならず、やはり別々にしたほうが用語としてはわかりやすいのではないか。


単勝オッズによって中穴馬を定義する

更に厄介なのは、「中穴馬」のカテゴリでも具体にどのオッズを指すのか明確でない点。ここを定量化することで、中穴とは○○ですと言うことが可能だ。

色々なブログを見る限り、一般的な値としては単勝で10~20倍を中穴を指していることが多い模様。
ということで、単勝10~20倍のゾーンの馬を「中穴馬」と当ブログでは定めることにした。

めんどくさいので、中穴といったら「ああこのくらいのオッズの馬ね」と理解したらいいと思う。

単勝10~20倍のラインで安定して儲けるのは結構シビアで、誰でもわかる強いファクターがあったらそれ以上人気になってしまうし、要素が弱すぎたらド人気薄(いわゆる大穴)になってしまう。かといって闇雲に買っても全然当たらない。

しかし経験上、このくらいオッズ帯を狙っていくことが競馬で勝つための一番近道である。

中穴馬を狙って安定していくためには、自分なりの予想ファクターを確率することが重要になる。

当ブログでは、主に調教と指数に着目して中穴馬を見つけて積極的に狙っていく方針。

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

ネタ系

Posted by Raffiii