<読んで欲しい記事>

競馬で食っていこうとすると作業ゲーになって面白くなくなる件

競馬で勝っていこうとするなら全ての作業をルーティンワーク化する必要が出てくるはずです。
初期の段階では理論を構築する必要がありますが、そのフェーズが終わったらあとは作業です。

今週はコレをやろう、来週はアレをやってみようかな?
というよりは、毎週毎週同じことを淡々とやってデータ(期待値)を積み上げていく感じになる。

それが面白いか?というと別に面白いとは感じない。
どちらかというと無感情に近い。

そういう意味で、残念ながら楽しみながら勝つというのはすごく難しい。
作業ゲーみたいな感覚ですわ。

もし、めんどくさい作業を乗り切った先に楽しいというマインドまで達したらそれはすごくレベルの高い状態。

でもそもそもこのレベルまで自分のロジックを煮詰めている人っておそらくすごく少数派。
皆独自のやり方で予想をやっているし、それ自体は悪いことじゃないけど、なぜやっているかというと楽しいからやっているってのが大きいと思う。

もちろん、最初のスタートはそれでいいんだけど、本気で勝ちたいと思うならだんだんつまらなくなってくる。
これは競馬にだけ言える話ではなく、その他投資、恋愛とかにも言えることなんだよね。

楽しむ、というのはつまり自分の欲を満たすことと言い換えることもできる。
如何に欲を抑えるか。これはトレーニングするしかないです。

自分自身を見つめなおしたり、客観的に思考が出来ない人は競馬で勝つのは無理だと思う。

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ