<読んで欲しい記事>

自称ギャンブル依存症は自分を守るために虚勢を張り、「ギャンブル=悪」と責任転嫁しているだけです

ギャンブル依存症をネタにするが人がいますが、おそらく深層心理はこうです。

ギャンブルで勝てない

お金が無くなる

他に楽しいことがない

ギャンブルに打ち込む

やっぱり勝てない

でもギャンブルがやめられない

やめられないのはギャンブルせい

ギャンブル依存症は病気だ

よって、ギャンブルは悪である

人は自己肯定感を失ったりするとうつ病になって死んでしまいますから、何とかして拠り所を探す生き物です。
ギャンブルが好きでやめられない人にとって「ギャンブル依存症」という言葉は体のいい拠り所なわけです。

すなわち、ギャンブル依存になっている自分を肯定するために、責任をギャンブルそのものに押し付けています。
無意識レベルで「ギャンブル=悪」と定義しているわけです。これは依存症じゃない人でも陥りやすい思考です。

そのような思考回路では、自分を見つめなおし、客観的に理論を構築するようなプラスの思考に至るはずがありません。
精々、中途半端で月並みな努力をした(つもり)で終わるだけです。

「俺はギャンブルにプライドを賭けている」などとかっこいい発言をし、それに対し賛同する人々が一定数いますが、当の本人は承認欲求を得るためにやっているだけだし、賛同する人々もギャンブルで死んでいく人を見たいだけです。

そういう視点で物事を見ると、人間ってやはり愚かな生き物だと思ってしまいますね。

間違っても自称ギャンブル依存症の人をみて、生き様がかっこいいなどと真似をしてはいけません。

↓参考にした動画
https://www.youtube.com/channel/UCNcNuEe7lI3yzRd_9ywO9Kw

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

ネタ系

Posted by Raffiii