<読んで欲しい記事>

競馬で圧倒的な結果を残したいなら天才になるしかない

大多数から上位5%に入るために

一般論として、競馬の勝ち組は5%と言われているように、普通にやれば95%は負けるようにできています。

勝つこと(回収率100%を超えること)を第一目標とするならば、まず普通の領域を超えていかないといけない。

ここでいう「普通」とは何か?

月並みですが、一言でいうと「努力」だと思います。

回収率100%を超えることだけを目標した場合、この段階で議論すべきは方法論ではなく、努力の問題だと思う。

 

競馬の予想ファクターは多数あって(新聞、調教、レース分析、馬体診断etc・・・)、どれをチョイスするのか選択肢がありますが、問題はそういった予想のやり方ではなく努力の質だということです。

おそらく新聞で予想している人の中にも勝ち組はいるし、どのジャンルでも成果を出している人はいるはずです。仮に、新聞だけで予想するという前提を置くならば、与えられている情報は皆イーブンですよね。

でもその中でも結果を出せる人と出せない人がいるのはなぜか?

これは能力の問題ではなく、突き詰めると努力の差なんだと思います。

 

例えば僕が今の頭をもって新聞だけで予想して継続的に回収率を上げるというミッションを担うとしたら、まず全社の新聞を搔き集めると思います。そして、トラックマンの印と結果の相関性だったり、厩舎コメントの信頼性とかありとあらゆる観点から統計を取ってデータを蓄積し、期待値を出していく作業をするでしょう。

競馬で勝てなかったときはもちろんそんなことしてなくて、ただ自分の主観や考え方に従って予想をしていました。

何時間も新聞を眺めて「努力したつもり」になって自分に陶酔していたわけです。

この領域に停滞しているうちは勝ち組になんてなれるはずがないですよね。

 

まとめると、手間と時間をかければ誰だって勝ち組に入れると僕は考えています。

くどいようですが、競馬で勝てないのは己の努力不足。

まずは客観的に自分自身を見つめなおし、自分の非を認めたうえで改善するアプローチが必要ですが、こんな当たり前で簡単にできるようなことが多くの人ができないので5%しか勝ち組がいないというわけですね。

圧倒的な結果を出すために

上位5%の中でも更に上を目指す、つまりは他の追随を許さない圧倒的な結果を残したいのであれば、更にもう一段のギアが必要です。

「圧倒的な結果」という言葉の定義が曖昧ですが、そこは本質的に重要なところではないので想像にお任せするとします。

 

どの世界にも上には上がいるもので比べだしたらキリがないですが、例えば野球界で例えるとイチローさん。

僕は彼を勝手に尊敬していますが、すごくこだわりが強いし、あきらかに普通のプロとは違う考え方を持っています。

特徴的なのは、既存のやり方にとらわれず、常に探求心を持っている点です。

おそらく彼レベルになると「努力=当たり前」なので、むしろ努力という概念がないと思います。

常により良い結果を残すためにどうするかを考え、それに向かってやるべきことをやっているだけなんでしょう。

僕が目指すのはこの領域です。

努力サンクコストが掛かっている人ほど努力って言葉が好きですが、定義が曖昧だし、僕は正直いってあまり好きではないです。

努力ってやればやるほど人に見せたくなくなるはずなんですよね。

 

さて、話が競馬からそれてしまいましたが、新聞・調教・レース映像など既存の世の中にありふれたやり方を踏襲するだけで5%の中の頂点になれると思いますか?

おそらくどこかで限界点に到達すると思います。お小遣い稼ぎの域を超えません。

本来、誰でも情報が得られるコンテンツではそこまで大きな差が付かないと考えるのが自然であり、

そう考えると、自分のオリジナルなコンテンツを持つ必要性に気がつくはずです。

しかもそれって定性的なものではなく定量的なものではないと、綿密な分析ってできませんよね?

だから僕は再現性のある自分のデータベースを持っていない予想家はダメだと言い続けている。

じゃないと検証ができませんから。理論の構築って<仮説・検証・アウトプット>の繰り返しになりますからね。

天才じゃないなら天才になるしかない

ここまで書いたことに加え、重要なのがメンタル的な話です。

たぶんここまで読んでいる人であれば感覚的に理解されているかと思いますが、方法論が合っていても競馬で負ける場合があります。

そうならないためには、資金管理も重要だし、競馬を通じて色々と自分の思考をアップデートしていく必要性があります。

 

競馬で勝とうとする人って、多くの人はスタートは凡人か凡人以下だと思うんですよね。

先天的に頭が良くて能力も高ければそもそも競馬って選択肢には基本ならないだろうし、負けて悔しいから頑張ろうって考える人が多数派だと思います。

僕も勝てない時期がずーーっと続いていましたからね。元々の能力がはっきりいって低すぎる。端的に言うと才能がない。

その凡人が、競馬で圧倒的な結果を残したいだなんて、常人では到底無理難題。

僕は正直言って色々拗らせ過ぎちゃったんで、昔の人格が思い出せないです。もはや原型をとどめていない。

でも当たり前ですよね?

普通の凡人が普通の感覚で普通にやってたら普通の結果しかでないんだから。

自分自身をぶっ壊す以外に方法はありません。

 

つまり、天才じゃないんだったら天才になるしかねーだろって思考。

なれる?なれない?ではなくて、なるしかないんです。

不可能を意図的に可能にするのが天才である。

 

ここで、「天才とは天賦の才でありどうちゃらこうちゃら〜」とか言い出す人はその時点でもう無理。

ここではたまたま天才っていう言葉を使ってますけど、適切な言葉がなかっただけで別にキチガイだろうが変人だろうが何でもよくて。形容の仕方は本質ではない。

それを僕の拙い文面からでも感覚的に読み取れる人だけが這い上がれる可能性がある。

そういう意味では才能は必然だと思う。わからない人はどんな説明をしようとも永久に無理。

 

あと一つ才能が重要だとすれば、物事を長く続けられる熱意ですね。

競馬が好きってのは立派な才能だと思います。

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ