<読んで欲しい記事>

馬券生活者に本気でなるための競馬の本質(センターピン)理解

2020年3月20日

センターピン理論

何かで人と違う結果を残したいのであればまずセンターピンを捉える必要がある。

ボーリングでストライクを取りたいなら一番正面に経つピンを狙うしかなく、外すとストライクが取れません。

いわゆる、センターピン理論と言われるものです。

要するに「本質を捉えているか」ということですね。

「これさえ外さなけば負けない」という核となるキーの部分を理解しているどうかが競馬で勝つために重要となってくる。

センターピンさえ外していなければ大きく失敗することはないし、成功に限りなく近づくはず。

では競馬のセンターピンって何でしょうか?


馬券の買い方は枝葉の話

まず思い浮かぶのが馬券の買い方ですが、これは不正解。

なぜなら馬券の買い方が合っていても、そもそも狙う馬の期待値が低かったら儲からないことがあるからです。

まずは期待値を知ること

「期待値とは、起こりうる値の平均値である。」

→じゃあ平均値を出すためには何が必要だっけ?

→→確率と配当ですよね。

「確率と配当を知るためには?」

→自分が考えたロジックを検証するしかないですよね。その結果、回収率が100%以上なら勝てる可能性が高い。

→→でもそれでも負けることってないか?


優位性があっても負ける理由

なんでロジックに優位性があるのに負けるのか?

→一つはロジックに優位性があるというのが思い込みであること。これは往々にしてよくある。

→→もう一つは負けるスキームであること。資金管理にそもそも問題があるか、ルールが守れないか。

→→→ってことは本質的には「目先の利益しか捉えていない行動をしている」ということになり。つまり投機(=ギャンブル)。

→→→→競馬を投資という大枠で捉えることによって正解に近づきそう。

投機と投資の違いは?

→僕の理解では、競馬でいう投機と投資の違いって「予想するかどうか」だと思ってる。予想しない=つまりは機械的に決められたルールに従って資金を投じ続けることを投資と定義している。もちろんそれが高リスクで破産する確率があったらリスクマネジメントできていないから投資ではない。

一番怖いのは投資だと思い込んでやっている行動が実は投機であること。

この2つってニュアンスの問題で明確に差を述べるのは難しいんですよね。


競馬におけるセンターピンとは

だからこそセンターピンは真の意味で「投資」を理解することなのではないかと思う。

自分のやっている競技がちゃんと投資に準ずる行動であり、かつ、ロジックが間違っていなかったら勝てる。

抽象的だけど、シンプルに考えるとこれしかないかなと思う。

大事なのはやっぱりこういった本質的な視点があるかどうか。

つまりは思考力。

思考し試行して至高になる。

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ