<読んで欲しい記事>

グリーンチャンネルの無料放送に関して思うこと

公式アナウンス
http://www.jra.go.jp/news/202002/022707.html

適用範囲がわかりやすい記事
https://www.bcnretail.com/market/detail/20200227_160121.html

 

グリーンチャンネルはごく稀に無料で観れる期間があるけど、今回は無観客競馬への対応ということでまたしても太っ腹?な開放をする模様。

ただし、恐らく普及率が高いであろうグリーンチャンネルWebは引き続き有料。凱旋門賞特集で無料化していたときもインターネット動画配信サービスのほうは有料だったので、これは経営戦略というよりは別の問題があるように思われる。例えば、JRAが独断で決定できるものとできないものがあるといったところか。細かい事情はわからないので推測になるが。

とはいえ、JRAがやる気になれば(金を出せば)無料化はできるんだろうけどね。

スカパー!(BS234ch)、スカパー!プレミアムサービス/光、J:COM、CNCiグループしか無料化しないってのは対応として非常に中途半端である。

無料と聞いて一瞬喜んだ人もいるだろうけど、グリーンチャンネルWebが対象外ということでガッカリした人もいるのでは?

 

これについて思うことだけど、そもそも今回の対応って普通に考えると、無観客競馬になったことに伴い、競馬場やウインズで馬券を買っていた現場主義の層にPAT登録を促すこと、馬券をネットで購入させるために誘導することが目的なんだと理解している。

馬券の購入シェアはネット経由が約70%で、競馬場やウインズといった窓口での購入が約30%だというから、後者を引き込めれば無料化したとしてもJRA的には美味しいよねって話なんだと思ってた。なのでそのための戦略の一環としてグリーンチャンネルを無料開放するんだろうなと想像できる。

…が、そういった現場主義層(=要するにおっさんとじじい)が「スカパー!(BS234ch)、スカパー!プレミアムサービス/光、J:COM、CNCiグループ」のサービスに加入してそうに思えないし、今から積極的にサービスに加入するとも思えんが。

 

結局、今回のキャンペーンで得する人ってあんまりいないんじゃないの?という話。

「無観客競馬にします。」

「だから一部無料化します。」

って意味がよくわからないし、タテマエを「色々な人に競馬を楽しんでもらうことが主たる目的」とするのであれば、

「無観客競馬にします。」

「だから全ての媒体で無料にしました。」

じゃないと筋が通らなくないか?

 

ここには先に述べたとおりJRAのみで意思決定できないといったような事情もあるかもしれないけど、そんな問題は親玉である天下のJRAが本気出したら解決できることであって。

中途半端な無料化とか余計なハレーションを生むだけだと思うんだけどね。

既に有料で購入している人にとっては、じゃあその無料で観れる期間分、当然契約期間延ばしてくれるんだよね?って話にもなるじゃん。

JRAやるじゃん!と思わせておいて実は対応としては微妙なんだよね。

 

僕的にはそんなことよりもここしばらく続く荒れ馬場の対策を何とかしてほしいよ。

冬場の開催日程にかなり問題があると思うんで。

 

 

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

予想系

Posted by Raffiii