<読んで欲しい記事>

【レース分析】2020/03/14-15@中山 中山牝馬S他【次走注目馬】

TL(タイムランク) = A,B,C,D,E,S の6段階。Sは補正し切れずスローペース扱い。

ML(メンバーランク)= A,B,C,D,E の5段階。「先週の結果分析」の値を採用。

原則としてタイムランクA,B,C,Sのレース評価対象とする。

3/14 レース分析 中山

芝=+2.0 → +3.2 Aコース ダ=-0.6 → -1.9 / 1200m=-1.0 → -1.5

中山1R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) (牝)[指定] ダート 1200m 16頭立 E D -4.3 28.1 12.1-10.7-11.5-12.4-12.9-13.3

タイムランクE,メンバランクDの一戦。

中山2R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) [指定] ダート 1800m 16頭立 D D -1.7 41.1 12.9-11.9-12.8-12.9-12.6-12.9-13.1-12.6-13.6

タイムランクD,メンバランクDの一戦。

中山3R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) [指定] ダート 1200m 16頭立 C D -3.2 32.4 12.0-10.8-11.4-12.0-12.1-13.3

タイムランクC,メンバランクDの一戦。

水準レベルだが、1着アストロブレイクが突出しており、0.7秒離された2着以下は評価できないと判断する。

中山4R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・新馬(馬齢) (混)[指定] ダート 1800m 16頭立 S C 5.9 32.4 13.4-13.1-14.8-14.5-13.0-12.5-12.6-12.2-12.6

タイムランクS,メンバランクCの一戦。

超の付くスローペースであり、評価すべきレースではないと判断する。

中山5R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) (混)[指定] 1600m 16頭立 E D -0.8 41.6 12.5-11.5-12.2-12.4-12.0-12.3-12.1-13.1

タイムランクE,メンバランクDの一戦。


中山6R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 1200m 16頭立 C C -2.7 34.4 12.1-10.6-11.3-12.1-12.1-12.5

タイムランクC,メンバランクCの一戦。

RPCI=34.4は同コースの基準値42.0を7.6下回り、比較的先行馬に厳しい流れだったといえる。

勝ち馬から0.8秒差6着だったメメントモリは4角2番手追走ながら直前では全く追えず仕舞い。内容的には悲観するものではなく、次走は期待したい。

中山7R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・500万下(定量) (牝)[指定] ダート 1800m 15頭立 D C -1.3 37.3 12.6-12.1-12.6-12.8-12.0-12.1-12.7-13.0-13.6

タイムランクD,メンバランクCの一戦。

中山8R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・500万下(定量) [指定] ダート 1200m 15頭立 C D -3.2 32.2 11.9-10.6-11.2-12.1-11.9-12.9

タイムランクC,メンバランクCの一戦。

RPCI=32.2は同コースの基準値31.7を0.3上回り、平均的な流れだった。

特に注目すべき馬はなし。

中山9R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 2000m 10頭立 D C -1.5 37.4 12.9-11.8-12.5-12.5-12.2-12.0-12.3-12.7-12.7-13.7

タイムランクD,メンバランクCの一戦。

RPCI=37.4は同コースの基準値52.8を15.4下回り、馬場状態も踏まえ、かなり異質なレースだったといえる。

ラップタイムから消耗戦だったことも勘案し、このレースで凡走したからといって次走期待できないわけではない。

1番人気で4着と人気を裏切ったフォアシュピールは、前走タイムランクがEのレースでの勝利。この結果は妥当とみる。

同様の観点から、指数理論的には次走注目馬はなし。

中山10R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・1000万下(定量) (混)(特指) 1200m 16頭立 D D -4.6 26.4 11.9-10.3-11.1-12.6-12.2-13.1

タイムランクD,メンバランクDの一戦。

RPCI=26.4は同コースの基準値42.0を15.6下回り、完全なる差し・追い込みレース。

見事なまでの差し・追い込みが上位にきているレースで、3着フォッサマグナを除くと1着から8着まで4角10番手以下。

フォッサマグナは人気先行型なので注目馬としないが、この流れで唯一頑張った馬として一定の評価はできる。

このレースで先行して負けた馬の巻き返しは十分にあり得るのでマークしておいたほうがよさそう。

中山11R 中山牝馬S

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際)(特指) 1800m 16頭立 D C -0.4 39.6 12.7-12.0-12.3-12.0-11.8-11.6-12.2-12.3-13.3

タイムランクD,メンバランクCの一戦。

RPCI=39.4は同コースの基準値54.0を14.6下回り、消耗戦。

このレースで着順が悪くても気にする必要はあまりないし、16着のコントラチェックでも1.5秒差なので、この中から次走穴が出る可能性が十分にある。

こういった状況でも安定して結果を出せるエスポワールは今後とも期待できる1頭でG1クラスでも勝負になると判断して注目馬にしてみる。

中山12R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・1000万下(定量) (混)[指定] ダート 2400m 16頭立 C C 1.4 48.7 12.9-11.9-12.9-12.6-13.2-13.5-13.1-12.2-12.5-12.5-12.4-12.9

タイムランクC,メンバランクCの一戦。

RPCI=48.7は同コースの基準値46.7を2.0上回り、ほぼフラット~先行有利の流れ。

特に注目すべきところはなし。


3/15 レース分析 中山

2020/03/15 (日) 芝=+1.3 → +1.1 Aコース ダ=-1.9 → -1.5 / 1200m=-1.4 → -1.0

中山1R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) (牝)[指定] ダート 1800m 12頭立 E D -4.2 32.1 12.8-11.6-12.3-12.7-12.3-12.8-13.1-13.4-14.3

タイムランクE,メンバランクDの一戦。

中山2R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) [指定] ダート 1200m 16頭立 E D -3.8 29.9 12.3-10.5-11.3-12.1-12.4-13.4

タイムランクE,メンバランクDの一戦。

中山3R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) (混)[指定] ダート 1800m 16頭立 D D -1.1 44.5 12.7-11.7-12.4-13.1-13.0-12.7-12.9-12.4-13.0

タイムランクD,メンバランクDの一戦。

中山4R

障害戦のため対象外

中山5R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) [指定] 2000m 15頭立 S C 3 63.4 12.9-11.6-12.9-13.3-13.4-12.3-12.0-12.0-12.0-12.7

タイムランクS,メンバランクCの一戦。

RPCI=63.4は同コースの基準値52.8を10.6上回り、先行馬圧倒的有利の流れ。

人気薄ながら6番手から差し切ったヒューマンコメディは一定に評価可能と判断できる。次走もたぶん人気ないので面白いかも。

或いは2~5着馬が低調すぎたと考えることもできるが、どっちを取るかは難しいところ。

メンバランクCなのでそれなりのレベルにはあったということを考えると前者と取りたい。


中山6R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・500万下(馬齢) [指定] ダート 1200m 16頭立 C C -4.1 28.4 11.9-10.3-11.2-11.9-12.3-13.3

タイムランクC,メンバランクCの一戦。

RPCI=28.4は同コースの基準値31.7を3.3下回り、やや前傾だがほぼ平均的な流れ。

1着・2着が何れも追い込み馬だが、展開に極端に恵まれたものではないのでフロックではないと判断し、次走もあまり人気にならなそうな2着ニルカンタテソーロを注目馬としてみる。

中山7R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・1000万下(定量) (牝)[指定] 2000m 11頭立 C C 0.2 44.1 12.7-11.0-12.2-12.5-12.7-12.1-11.8-12.0-12.2-12.8

タイムランクC,メンバランクCの一戦。

RPCI=44.1は同コースの基準値52.8を8.7下回り、差し・追い込みが届く流れ。

レース途中から押し出されるように先頭に立つ形となった4着シングフォーユーはラップ的にもそんなに緩んでいないことから厳しい流れでよく踏ん張ったとみたい。次走注目馬とする。

中山8R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・500万下(定量) (混)[指定] ダート 1800m 16頭立 C D -0.3 47.1 12.6-11.5-12.5-13.0-12.8-12.6-12.5-12.1-12.8

タイムランクC,メンバランクDの一戦。

RPCI=47.1は同コースの基準値43.0を4.1上回り、先行馬有利の流れ。

上位4頭はいずれも4角5番手以内であり、他に特別評価すべき馬も見当たらない。

中山9R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・1600万下(ハンデ) (混)[指定] 2000m 11頭立 C C 0.8 49.1 12.8-11.1-12.2-12.6-12.5-12.2-12.1-12.1-11.6-12.4

タイムランクC,メンバランクCの一戦。

RPCI=49.1は同コースの基準値52.8を3.7下回り、ほぼフラットな流れ。

気になった馬はなし。

中山10R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・オープン(別定) (国際)(特指) 1600m 16頭立 C C -2.9 36.4 12.3-10.7-11.1-11.5-11.8-12.0-11.9-12.8

タイムランクC,メンバランクCの一戦。

RPCI=36.4は同コースの基準値49.0を13.6下回り、差し・追い込み馬は届く流れ。

1,3番人気に沈んだ2頭はいずれも4角1,2番手だった。

そう考えると6着カツジあたりはそれなり踏ん張っているので悲観する内容ではないが、高齢馬が多くレースのレベルに個人的疑問符が付くので注目馬とまではいかない。

中山11R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・オープン(馬齢) (牝)(国際)(指定) 1600m 12頭立 C D -2.5 36.7 12.3-11.1-11.3-11.8-11.8-12.3-11.9-13.0

タイムランクC,メンバランクDの一戦。

RPCI=36.7は同コースの基準値49.0を13.3下回り、差し・追い込み馬は届く流れ。

2着フィオリキアリは展開的に恵まれたものと考えられる。

セーフティリードに見えたビッククインバイオがラスト1Fで急激に失速したのはペースによるもので、展開的には向いていなかった。次走注目馬としてみたい(できれば距離短縮で1400m出走)

中山12R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・1000万下(定量) [指定] ダート 1200m 16頭立 C D -2.9 33.5 12.2-10.5-11.1-11.8-12.2-12.7

タイムランクC,メンバランクDの一戦。

RPCI=33.5は同コースの基準値31.7を1.8上回り、先行有利。

にもかかわらず人気薄の差し・追い込み馬決着となっていてかなり謎のレース。

このレースに出走した馬は全体的に次走人気にかかわらず評価したほうがいいように思える。


注目馬

3/14 中山6R メメントモリ

3/14 中山11R エスポワール

3/15 中山6R ニルカンタテソーロ

3/15 中山7R シングフォーユー

3/15 中山11R ビッククインバイオ

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

分析系

Posted by Raffiii