<読んで欲しい記事>

【レース分析】2020/03/20-22@中山 【次走注目馬】

気になるレースのみ。

TL(タイムランク) = A,B,C,D,E,S の6段階。Sは補正し切れずスローペース扱い。

ML(メンバーランク)= A,B,C,D,E の5段階。「先週の結果分析」の値を採用。

原則としてタイムランクA,B,C,Sのレースを評価対象とする。

3/20 レース分析 中山

中山6R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
3歳・未勝利(馬齢) (混)[指定] 2200m 15頭立 C D -0.5 42.7 13.0-11.5-12.1-12.3-12.4-12.4-12.4-11.8-12.3-12.2-13.1

タイムランクC,メンバランクDの一戦。

RPCI=42.7は同コースの平均11.7下回り差しがきく展開。

ラップ的には全体的に緩まない中山らしい平坦戦でもう少しで消耗戦になるところ。

2着のベスビアナイトは出遅れて最後方。道中まくって4角では2番手と大味な競馬。

ペースが緩んで上がっていったわけではなく、かなり長くいい脚を使ってのもので高く評価できる。

さすがに前走は人気になるので、出遅れのリスクは引き続きあるだろうから注目馬とはしないけど同条件なら勝ち上れる可能性は高いと思う。

3着のエルバルーチェは逃げてほぼ息が入らない流れとなったのでこれも強い競馬をしているとみていい。

2,3着に巻き込まれる形となった6着ベリンダアンは0.8秒差なら悲観する必要はなく、しかもスタートで出負けして押していっているのでスムーズな競馬ではなかったうえで流れも向かないという最悪な展開。メンバーと展開次第では次走巻き返してくると確率は十分にある。馬券的に妙味ありとみて注目馬としてみる。



3/21 レース分析 中山

中山8R

レース名 条件 馬場 距離 頭数 TL ML 前後半T差 RPCI LAP
4歳以上・500万下(定量) (牝)[指定] ダート 1200m 16頭立 E C -2.4 35.9 12.1-10.9-12.0-12.5-12.1-12.8

タイムランクE,メンバランクCの一戦。

RPCI=35.9は同コースの平均31.7を上回り先行馬有利の流れ。

Twitterでも触れたレースだが中山ダート1200mで前半35.0は遅すぎで先行馬に残ってくださいというレース。

ペースが上がらなかったことがタイムランクが低い直接的な要因であり、シアトルトウショウはもう0.5秒でも展開が流れていれば勝てたレース。

展開に左右される馬だが人気があまりあがらないようなら次走も狙いたい。


3/22 レース分析 中山

特に気になる馬はなし

注目馬

3/20 中山6R ベリンダアン

3/21 中山8R シアトルトウショウ

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

分析系

Posted by Raffiii