<読んで欲しい記事>

指数改良バージョン(20200601~)

指数についてのちゃんとした説明は以下の記事に書いてます。

指数理論の決定版!指数で競馬に勝つために~5年間の統計データを公開~

今回再度改良を行いましたが、結果としては、改良後、単勝回収率ベースで指数1位の成績は90.4%に下がっています。

そのかわり、指数2位、3位の成績が相対的に上がっており、どちらも目安の一つとなる単勝回収率80%は超えられています。

実用的にはかなり使いやすい仕様になっているかと思います。

<改良前>

<改良後>

従来は「指数の正しさではなく回収率を優先」という方針でしたが、その考えはやめました。

例えば、一般的に前走2,3着の馬よりも4着の馬を買ったほうが回収率は高くなるので、従来は2,3着の馬にマイナス補正をかけて指数を算出してたりしたわけですが、「指数の正しさ」の観点からは疑問が残ります。それで単勝回収率100%を達成できるならいいですが、頑張ってもオッズの考慮を一切しないで全頭ベタ買いする前提だと95%くらいが限度です。それだと「回収率重視」という方針自体が中途半端になってしまっているので、その状態が気に入らなかったので正しい指数を出すことを優先して作り直しました。

といっても大きく考え方を変えたわけではありません。

指数は馬券を検討するうえで重要な要素ですが、それだけで意思決定をするのはやめました。

あくまで参考情報の一つとして、客観的に見て基準値として今後は使用していきます。

 

!創刊からの実績が評価され、レジまぐ(中央競馬)のトップにバナーが掲載されました!
「穴馬単勝1点買い理論」

競馬予想のレジまぐ

↓ 管理人への叱咤激励をお願いします ↓


最強競馬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ