<読んで欲しい記事>

データ系

今回は先週の結果分析のメンバーランク(以下、既存メンバーランク)と僕が勝手に作ってまだ実用していない独自メンバーランク指数の比較検証。

前提事項

以下は↓で出す数値等の全ての前提事項となる。

1.独自メンバーラン ...

データ系

先行できる馬を買う2つのメリット


メンタル面

競馬をやっているときの一番ストレスって、自分の買った馬が何の見せ場もなく中団から後方にいてそのまま負けることじゃないでしょうか。

4コー

データ系

2015~2019年の5年間(総レコード数約21万件)のデータから「長期的に買い続けると回収率が悪化する」フィルターを取り上げます。

機械的で難しくなく、敢えて誰でもわかるような基本的に項目を集めました。

なお ...

データ系

目安となる各コースごとの基準タイム

まず、僕が使用している各コースごとの目安の基準タイム一覧を紹介します。

基本的には赤字のところが主要コースにあたるため大体ここを覚えておけば間違いありません。

美浦坂–& ...

データ系

ラップタイムの最速地点が一般的にどの地点かどうかって知ってますか?

あまりラップに詳しくない人ならラスト1~3ハロンと答えてしまいそうだけどむしろ逆で8割方スタート直後の2ハロン目が最速になることが多い(その地点の先頭の馬 ...

データ系

負ける(回収率が低い)1番人気(以下、危険1番人気とします)が出走するレースの狙い方について

・危険1番人気がいるレースで危険1番人気以外の馬を全頭買いした場合 → 単勝回収率:80.0%(1021レース)
(参考 ...

データ系

勝てる(回収率が高い)1番人気の特徴について。

負ける編をやったので勝てるバージョンもやっておきます。

 

再掲ですが、1番人気を何も考えずベタ買いした場合の単勝回収率は77%くらいです( ...

データ系

負ける(回収率が低い)1番人気の特徴について。

まず、1番人気を何も考えずベタ買いした場合の単勝回収率は77%くらいです(2015-2019の独自データより)。

統計的に回収率が低いと言えるラインを70%と設定 ...

データ系

2015年~2019年で全レース全馬ベタ買いしたときに成績一覧(単勝回収率降順)。

上に行くほど荒れやすく、下に行くほど荒れにくい。

指数1位の回収率が高いコース=元々回収率が高いコースという仮設のもと指数との ...

データ系

レース間隔は詰めて使ったほうがいいのか、空けたほうがいいのか、ベストな間隔を回収率ベースで調べてみた。

試験データはいつもどおり独自指数1位の馬(単勝回収率87.1%)を使用。
(独自指数にはレース間隔の考慮を設け ...